Information
カラーで選ぶ
用途で選ぶ
価格で選ぶ

ラッピングメッセージカード無料

アトリエルーシュについて

プリザーブドフラワーとは?

  • よくある質問
  • お問い合わせフォーム
  • アトリエNEWS
  • ご注文ガイド
  • 個人情報の取扱について
  • 特定商取引
  • Facebook
  • ブログ
  • フラワーアレジメント教室

カレンダー

10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

プリザーブドフラワーの保管方法

プリザーブドフラワーは水を与えなくても枯れないお花ですが、日頃から保管方法をきちんと行っているとより一層、美しい状態を保つことができるのです。そこでこちらでは、プリザーブドフラワーの保管方法をご紹介します。

【直射日光に当たらないようにする】

プリザーブドフラワーを窓際に飾られる方はたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、プリザーブドフラワーを飾るときは直射日光を避けるようにしましょう。
プリザーブドフラワーは直射日光に当たってしまうと変色、色あせの原因や劣化が進んでしまう原因に繋がるのです。ですので、長い期間生きているお花のような鮮やかな色を楽しむなら窓際など直射日光を浴びやすい位置は避けるようにしましょう。

【湿度の高い場所は避ける】

キッチンや浴室、トイレなど水周りは湿度が高いです。湿度の高い場所でプリザーブドフラワーを保管すると、直射日光を当てたときと同様に変色や色あせ、劣化の原因に繋がってしまいます。
プリザーブドフラワーの大敵は湿度とも言われているように、とても気を付けなければいけないポイントになります。プリザーブドフラワーを飾るなら湿度の低い場所を選ぶようにしましょう。

【ほこりを防ぐ方法】

日頃から念入りに掃除を行っていないと気付いたときにはほこりが溜まっているということが多いでしょう。ほこりが付着してしまうと見栄えが悪くなってしまいます。また、ほこりが溜まってしまうとお手入れをすることも難しくなるのです。
このように綺麗なプリザーブドフラワーを汚してしまわないように、ほこりの対策をしなければいけません。プリザーブドフラワーはとてもデリケートなので、お化粧をするときに使うチークブラシのようなものを使って、優しくほこりを落とすようにしましょう。ほこりを落とすときは手でこすらないようにしてください。
また、透明のクリアケースに入れて保管するとほこりを防ぐこともできます。 このような保管方法を行うことで長い期間綺麗なプリザーブドフラワーを楽しむことができるでしょう。これからプリザーブドフラワーを購入される方はこの保管方法を取り入れてみてください。

古希のお祝いに、プリザーブドフラワーのギフトを贈りませんか。アトリエルーシュでは、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーの通販を行っております。古希祝いをはじめ、還暦、喜寿などの長寿祝いに最適なシックで優美なアレンジをお楽しみいただけます。 これからの健康を願って、長く飾れるプリザーブドフラワーを古希祝いの贈り物に選んでみてはいかがでしょうか。